印刷するならインクジェット紙がおすすめ

Menu

2017年08月22日
最近ではビジネス用のプリンターもあるを更新。
2017年08月22日
印刷するならインクジェット紙がおすすめを更新。
2017年08月22日
インクジェットプリンターの種類とはを更新。
2017年08月22日
今もまだ進化し続けるインクジェットプリンターを更新。

カテゴリ

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

シルクスクリーンとインクジェット

Tシャツなどの衣類を作成する時に、最も有名なプリント方法にシルクスクリーンプリントがありますが、最近では、インクジェットプリントも衣類のプリントに用いられるようになってきました。今回はこのシルクスクリーンプリントとインクジェットプリントの衣類へプリントした時の違いについて書いていきます。
まず、最初にシルクスクリーンは、デザインの色ごとに版と言われる型のようなものを作り、その上にインクをのせることでTシャツ生地にインクを刷っていきます。そのため、色が増えるごとに版を作らなければいけなくなりその分料金も追加されプリント料金はどんどん増えていきます。そんな問題を解決するプリント方法として注目されるようになったのがインクジェットプリントです。
インクジェットプリントは、紙に印刷する時と同様にTシャツ生地にも直接インクを噴き付けてプリントするため、シルクスクリーンプリントのように色ごとに版を作成する必要がなくなるためプリント料金を安く済ませることができます。しかし、インクジェットプリントではCMYKカラーを利用して印刷を行うため、シルクスクリーンプリント用に蛍光色やラメ入りのプリントをすることができません。皆さんもこのような点に注意しながら印刷するようにしましょう。

普通紙とインクジェット紙の違いって何?

新年が近づくにつれ、年賀ハガキを用意しておく人が増えると思います。今時なら、年賀ハガキをパソコンを使ってプリントする人も多いでしょう。そんな年賀ハガキの紙に、種類があることはご存知でしょうか?ここでは、そんな年賀ハガキの紙の違いをご紹介します。年賀ハガキの紙には、普通紙とインクジェット紙が存在します。普通紙は、ごく一般的に使用されている年賀ハガキです。紙質は普通のハガキや郵政ハガキと同じで、鉛筆やシャープペンシルなどの手書きに適しています。
インクジェット紙は、普通紙と違って表面に特殊な加工が施されています。この特殊加工は、インクジェット方式のプリンターで印刷をスムーズに行うためのもので、速乾性や耐水性にも優れています。上記の理由により、インクが吸収されやすいので、イラストなどの絵を鮮やかに印刷することが出来ます。さらに、シールを貼り付けても剥がれにくいので、子供も楽しく年賀ハガキを作れます。
紙の違いについて書きましたがいかがでしたでしょうか?もし、インクジェット紙を買ったつもりが普通紙の年賀ハガキを買っていたときは、慌てずに取り替えてもらいましょう。書いてしまう前だったり汚したりしていなければ、無料で買い取ってもらうことが可能です。